fc2ブログ

B700で音作り その19

「B700で音作り その19」

20110119.jpg

DEMO9に使った音色の紹介。
ピコピコと鳴っている音色です。

このピコピコ、打ち込みではありません。音色自体がピコピコと鳴る性質を持っています。

いつものようにLFOのシワザです。

この音色は2つのエレメントで構成されています。

同じ音色を選び、オクターブが1段ずれるようにシフトを設定し、低いほうはLFOを遅く、高いほうはLFOを早くかけるようにします。

使っているLFOのタイプはピークのメリハリと、ピークまでの粘りを持つ「up」を使ってアンプモジュレーションをかけ、モジュレーションの設定を最高の「15」にしてギラギラとさせています。

今回のLFOスピードの設定では、BPM135の設定で、高いほうが八分音符で刻み続け、低いほうが付点八分音符で刻み続けるような鳴りかたになります。

これで、押しているだけでピコピコと鳴る性質の音色を作ることが出来ます。
さらに複数の鍵盤のタイミングをうまい具合にずらして弾くと、まるでアルペジエイターがかかっているようななり方をします。

下に参考の音源を貼るので、聞いてみてもらうとわかると思います。


[VOON] B700 YT Alpg7

順番は、
①ボイスを構成するエレメント1(低いほう)
②ボイスを構成するエレメント2(高いほう)
③ボイスを長く鳴らしたもの
④ボイスを長く、2つの鍵盤を鳴らしたもの
です。

とても単純な構造で鳴っています。

さらに、この音色を構成する低いほうのエレメントのLFOの設定を変えると、また一味違った音色になります。

低いほうのLFOタイプを「squ」にします。
すると次のような音色になります。


[VOON] B700 YT Alpg7.01

順番は、
①ボイスを長く押した鳴りかた
②2つの鍵盤を長く押したなりかた
③コードを移動しながら複数の鍵盤を押した場合の鳴りかた

LFO一つ変えただけで、結構音の性格が変わると思いませんか?

どうでしょう、EOS B700でも結構音作りは楽しめると思います。

この音色の変化、自分はいわゆるコムロ節的なタイミングで変化する音色だとおもうんです。
なぜなら「自分が気持ちがいい=TK調」という単純なところで自分が音を好んでいるからです。

ためしにTKの懐かしい曲をこの音色で鳴らしてみます。
メロディーを鍵盤を長く押して追っかけているだけで、TK風なリズム感も出ると思います。
ちなみに、あいまいな記憶だけで鍵盤を押しているので、音程はずれているかもしれませんが。


[VOON] B700 KOMURO beat

とまあ、こんな感じです。

・・・まぁ、ただの遊びですので、この記事自体も何の信頼性もありませんので。。。

作り方です↓

B700 VOICE 22(YT Alpg7)

それではまた。

スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

多分、B700とB2000では音色エディットがまったく違うと思います。B700とB900でもそうです。
B900の作り方だとB2000に流用できるかもしれないので、B700の音のイメージをB900でやってみます。

No title

こんばんは^^ あいかわらず情熱空回りで前に進まずです^^;
音作りupされていましたね♪拝見しました~
スゴイです

私もトランスは大好物です!
繰り返し聴いてしまうのは4 Clubbersのchildren
あんなの作れたら果てていいかも^^;

今はこんな事言ってちゃだめですね・・・。




 

プロフィール

galaxydrive

Author:galaxydrive
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード