スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B700で音作り その38

「B700で音作り その38」

今回はオリジナルではなくて、音色を耳コピしたものです。

むかしTKがやっていたGABALLというユニットの「GOING OUT THING」という曲の音色を耳コピ。

一番で出しの迫力のある分厚い音を耳コピしたいなぁと思い始めました。

大体の構造は頭でぽやんとイメージしておいたのでちゃちゃっとやります。

その音色でとりあえず曲も耳コピしました。かなり省略&ラストが適当アレンジになっていますが…↓



次に音色の解説です。

①「GB GOT01」
まずは出だしの音。
これは分厚い音なので、PCMでSAWを2つ使い、オクターブをずらして鳴らし、FM側で音域の中間のにファット感を与える、といった感じ。
さらにFM側は一方のエレメントを7度ずらして癖をつけるようにしました。
後はシーケンサーへの打ち込みのとき、オクターブで鍵盤を押さえて分厚く聞こえるようにします。
するとこうなります↓

[VOON] GB GOT01


②「GB GOT02」
シンセパッドです。これはPCMのシンセストリングスを2音使い、あとは音の震え方と減衰の加減に気をつけて調整しています。

[VOON] GB GOT02

③「GB GOT03」
単純なピアノ音。ディケイの伸び方とリリースの歯切れを意識して調整。

[VOON] GB GOT03


④「GB GOT04」
リード音色。原曲ではフィルターでかなり変化していますが、B700でそんなことはできないので、PCM側のパルスの5で、カットオフが高い音のイメージと、ストリングスで丸みのある中間域が残るイメージで調整します。

[VOON] GB GOT04


⑤「GB GOT05」
後半のリズムパートに重なっているエスニック風パーカッションの音。
でも良くわからないのでとりあえずテキトーに作りました。

[VOON] GB GOT05

以上です。

耳コピした曲のベースはプリセットのものを使っています。

また本当は、ピアノとリードは左右にPANして居るんですが、B700でプログラムチェンジすると滑らかさがまったくでないので省略しました。

まあ、一番作りたかった音がそれなりになってくれるのでよしとしました。

この打ち込みで気を使ったことは「エフェクトはほとんどかけない」ということでしょうか。

B700のエフェクトを使うとどうしても音の芯が抜けていって音が弱くなります。
パラメータやsendの割合を調整するといいのかもしれないけど、そこまでうまくできないので、とにかくエフェクトをほとんどかけないということで対処しました。

最後にこれらの音の作り方です。(YAMAHA EOS B700専用)

B700 VOICE 89(GB GOT01)

B700 VOICE 90(GB GOT02)

B700 VOICE 91(GB GOT03)

B700 VOICE 92(GB GOT04)

B700 VOICE 93(GB GOT05)

ではまた~。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

galaxydrive

Author:galaxydrive
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。