スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B700で音作り その44

「B700で音作り その44」



単純なピアノ音色です。音作りというよりはチューニングです。
VOICEモードで弾いてもがっかりしないような音に仕上げたいと思って作りました。
雰囲気はTMNの終了ライブ、「LAST GROOVE 5.19」の「Timemachine」のピアノをイメージして、エンベロープとエフェクトをセッティングしています。

この音色は、基本はPCMのPiano音、1エレメントだけで鳴っています。

つまりB700で、"Element 2"のセッティングでエレメント"B"のボリュームを0にしているわけですが、載せてある作り方にもあるように、実際は"Element 4"で音作りをしています。

"Element 4"にするとエレメント"C"に1オクターブ下のPiano音色が重なるつくりです。

音域がリッチになる使用にしています。

エレメント数の切り替えで、使い分けれるように作ってあります。

エレメント数を2のときと4のときの違いが判るようにDEMOを貼ります。

前半がエレメント数2、後半がエレメント数4。


[VOON] TM P-519 element 2&4

こんな感じです。
これはリバーブのセッティングを弱くしています。

ただB700は打ち込みじゃないとベロシティーのコントロールがむずかしいですね。
SENSITIVITYでベロシティのレンジを豊かにすると、鍵盤で意のままに音量を調整することが難しい気がします。
特にPiano音色が。

作り方です→ B700 VOICE 111(TM P-519)

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

galaxydrive

Author:galaxydrive
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。