fc2ブログ

とりあえずEOSで その4

「とりあえずEOSで その4」




前回アップした「Dancing Planets」で試したことを。長いです。

最初は、バリエーションエフェクトの使い方で、ふと思ったことがあって、その実験のためにEOSを触り始めました。

バリエーションエフェクトはモジュレーションのコントロールでエフェクトのかかり方を調整できるようにする設定があります。
その設定を使うことで、「3band EQ」を使って、LowとMidを削ってにして、Highをプラスに設定して、スカスカにしておいて、モジュレーション設定でかかり方を加える(または減らす)ことによって、バンドパスフィルター代わりにして、トランス的な音のアプローチが出来るんじゃないか?と思い立ったわけです。

それでやろうとしたら、EQエフェクトにはコントロールの設定がありませんでした。。。残念。

んで、ずっと前から使えそうで使っていなかったなぁ、というネタを試すことにしました。

バリエーション「Auto Pan」でモジュレーションの設定をすることで、最初に設定してあるPanの速度を早くすることが出来るので、それを実際に使うことにしました。

ただ問題は、Insertionモードでしかその効果をしっかり出せないので、バリエーションは1つの音色だけになり、Dry設定も出来ないので、エフェクトの制約が大きくなって、音が下手くそなのは置いておいても、音全体が平面的になってしまう…ということがありました。

「このエフェクトの変化は使ってみたいけど、ディレイもかけたい…」

そこで、もうひとつB900では試していなかったことをしてみることにしました。

シーケンスを打ち込むにあたって、同じものを別トラックにコピーして発音のタイミングをずらしてディレイを打ち込みで作る、というものです。

B700の時代に、エフェクトが弱かったこともあり、遊びでなんとなく試していました(ピアノとかギター音色に)。
B900では、エフェクトがよくなり、わざわざそんなことをする必要もなくなったので一度も試したことがありませんでした。

実際やってみると、まぁまぁそれっぽく聞こえたんですが、同じ音だけだと音がかぶって、もっさりして聞こえるので、カットオフやレゾナンス、リバーブなどのかけ方を少しずつ変えて、深みを出すようにしました。

今回の実験は大きくその二つでした。

今の時代のものだと、わざわざこんなことをする必要もないと思いますが。。。

ただEOS B900は本当に操作が簡単なので、まぁいいかなと思ってます。

次にセッティングを大雑把に書いておきます。



1.メインの音色① パッド
これはXG 098の「Sound Trk」という音色です。
もともと深みのある音色なので、少しカットオフを下げてレゾナンスを上げ、ピッチベンドでフィルターをコントロールしてあげるととても深い変化をしてくれるようになるとおもいます。

これにバリエーションエフェクトで「Auto Pan」をかけ、モジュレーションでコントロールしています。

「Auto Pan」の設定は、

LFO Ferq 1,346Hz
Mod.Whl +50

L/R Depth 119
F/R Depth 110
Direction L/R  です。


2.メインの音色② シーケンス
これはXG 081のバンク6にある「Square 2」という音色です。
これでまず適当にシーケンスを作ります。

そしてその打ち込みをあと2つ、別トラックにコピーします。

発音のずらし方は、ソングモードでファンクションキー1にある「P.Efct」を開き、「Trn/Sft」というところの「Shft」の設定で変えました。

そこを、今回作ったBPM=117.3のものだと、大体+48と+100くらいでズラすときもちがいいかなぁとおもいました。

ディレイ用のトラックは左右に振っています。

今回は左を3番目の発音タイミングにしてあるんですが、この音だけをXG 081の「Sqare Ld」という音にしています。

なぜかというと、ちゃんと見ていませんが、おそらくフィルターエンベロープが「Sqare 2」よりもクリアでないはずで、いい感じにこもっているので、ディレイの奥行きを出すのにちょうどいいなと思ったからです。


3.おまけのドラム
ちょっと発音をこだわったものは、「ゆびぱっちん」の音です。
アナログドラムのキットに、打ち込むときシフトを下げると出てくる「ゆびぱっちん」の音なんですが、そのまま聴くと軽くて他の音に埋もれてしまうし、ただ鳴らすとちょっとダサいんです。

なので、まずドラムの音色のシフト自体を少し下げて音を重くしました。
そして、一音だけ鳴らすのではなくて、同じ音でクロックを少し前にずらした打ち込みをすることで、味わい深い「ゆびぱっちん」にしました…たぶん。

4.おまけにもひとつ
クラビネットの音なんですが、これはまずリアルタイムで弾いてクオンタイズしています。
その後、ステップで打ち込みなおしたりしています。

このとき、弾いたときのアフタータッチのデータは残っています。

無駄なデータは消しておこうと思ったんですが、どうせならコントロールの設定でアフタータッチにフィルターモジュレーションをかけて音を変化させようと思いました。

なのでピッチモジュレーションを0にして、フィルターモジュレーションを多めにかけています。

あと、フィルターも少し+側にふっています。
ちょっとだけワウがかかって、そして揺れている感じの音になりました。




とまあ、こんな感じでメインを鳴らしてコピーをして、あとはいつものように適当に音をかさねて、とくに展開のない単調な感じで・・・という変わらない癖で音を鳴らしたって感じです。

アタックの設定とか色々細かくいじってますが、それも癖です。

EOSは本当に簡単で、自分が単調にしか作らないこともあって作るのには大して時間はかけていません。。。とりあえず。
スポンサーサイト



テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

galaxydrive

Author:galaxydrive
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード