fc2ブログ

B700で音作り その1

「B700で音作り その1」

時々、ニコニコ動画にオリジナルで制作した音色でDEMOとしてアップしています。
それらについて、少しずつ、簡単にではありますが解説をしていきたいと思います。

今回、解説しようと思うのは下のDEMOのメイン音色です。



この曲で使用している音色は、すべて制作しています。
メインのトランスフレーズの流れにあわせて、ベースなどの音色を作っていきました。

このメインの音色を作った理由は、「大好きなB700で大好きなトランスを鳴らしたい」という単純な理由。

イメージしたのはトランスらしい強力なSAWの音色。

よく聞くのは、SupreSAWと呼ばれる、SAWの波形がいくつも重なった音を使うようですが、私の持っている機材でははいってない。。。それじゃあ、それをするためにはどうしたらいいだろうと考えました。

音の重なったような音色、つまり「ストリングス」の波形を選択することにしました。
PCM側にある「シンセストリングス」を使います。

出来るだけ、アタックを強めにして、LFOで揺らすことにしました。
LFOはdwn(逆ノコギリ波)を選択しています。コレによる効果は、音自体にリバースのリバーブがかかったような効果を持たせるためです。

しかしコレだけでは、ぜんぜん印象に残らない音のままです。

なのでシンセストリングスをもうひとつ使います。こちらの音の役割はエフェクトとしての役割が主です。

B700はエフェクトが弱く、ましてやSongモードになると、ひとつのエフェクトのかけ具合を簡易的に2つにわけ9トラックにかけるので、曲調によっては音の個性がまるで出ません。

そこで、音を作る時点でエフェクトのような効果を持たせることによって、それを解消します。

追加したシンセストリングスでは、LFOをtriにしています。また、リリースを少し長めにしています。
コレは、マスターの音のLFOが「ブツッ」と切れたあとに少し余韻を持たせることでリバースの印象を強め、リリースに残る部分で少しディレイの役割を持たせています。

あとはそれぞれのWAVEのセンスをずらすことによって、少しフリーケンシーがかかったようなコーラスの効果を持たせています。

まあそれなりにイメージした音になったので、あとは音が鳴りたいように鳴らすだけです。


こんな適当な音ですが、作り方の簡単なレシピをメモ帳で張ります。
興味があったら作ってみてください。

B700 VOICE 01


スポンサーサイト



テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

galaxydrive

Author:galaxydrive
FC2ブログへようこそ!

最新記事
twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード